CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2017年04月 次月>>
LOGIN
USER ID:
PASSWORD:
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
POWERED BY

ひとまずお疲れ様でした
パブコメの募集が締め切られました。
色々なサイトやフォーラムの方でも紹介されているのでみなさんもご存知だと思いますが実質的な目標である10万件は突破したようです。明示的に反対を唱えたものが何件あるかは集計がまだで少し心配なところはありますが、駆除派の意見は少数かと思われます。



ひとまずお疲れ様でした。私自身もこの1ヶ月はimpre.netの管理時間や睡眠時間すら削ってこの問題を大きく扱う各種サイトのチェックを欠かしませんでした。ショップやメーカ、メディアなどで真剣に取り組んでいたところもあれば普段どおりのところもありました。
先月発売の雑誌ではBasserのみが大きく取り上げてましたが今月はルアマガでしたね。
先月この内容で売って欲しかったと正直思いましたが、田辺氏、伊東由樹氏のメッセージも紹介され、締め切り間際に一定の効果はあったかと思います。私はこの中で伊東由樹氏のメッセージで少し思うところがありました。

今回のパブコメで一生懸命行動を起こした人(ショップやメディア、メーカ、個人)も起こさない人もバスを愛する気持ちは一緒のように書かれていました。行動を起こさなくても批判はできないと。確かに一理あります。諸事情で行動を起こせなかった人や行動を起こしたくてもどうしていいのかわからない人もいたでしょう。私も行動を起こさなかった個人を批判するのは違うと思います。ただ行動を起こした人は評価されるべきだと思います。行動を起こした人は今まで通りに商売したいためとかバス釣りをずっと続けたいとか、自分のために行動している場合がほとんどかもしれません。特にメーカやショップが行動するのは当たり前です。生活がかかってますから。ただそれでも行動しなかったメーカやショップ、この期に及んでも他人任せでわれ関せず、いつも通りのところもあったのは事実です。今回の件でみなさんにも色々見えたことがあったと思います。
私は今回の件で一生懸命我々とともに戦ったメーカやショップを評価したいと思います。そういうメーカの製品を選んだり、そういうショップで買い物をしたりしたいと思います。

私も契約している携帯の有料釣り情報サイト「爆釣ch」ではこの問題を扱った特設ページを設け無料開放しました。このページでは外来生物法関連の情報を日々更新したり、パブコメを簡単に送るためのフォームを用意したり、その他にも村田氏を中心に色々活動を行っており豊富な情報と村田氏のコラムでこの問題に関して多大な貢献をしたと思います。
その証拠にこのサイトのフォームから送られたパブコメはなんと3.8万件。全体のおよそ4割に達する件数にはただただ脱帽です(指定反対票に占める割合はさらに高いでしょう)。この数字にはこのサイトを見て影響を受け、実際はメールで送ったり、雑誌の応募用紙を使ったりした方は含まれていません。あくまでフォームを利用した方の数ですので恐れ入ります。こういうサイトも応援したくなりますね。
この問題はこれで終わったわけではありませんので、今後も爆釣chからは目が離せません。

ひとまずみなさんも一息ついて来るべきシーズンインに向けてまた釣りの話で盛り上がりましょう。
| 問題/提案 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑