CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2022年01月 次月>>
LOGIN
USER ID:
PASSWORD:
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
POWERED BY

素晴らしき半不良品
ショップに行くとバス釣り用のプラグの数は星の数ほどありますよね。でもその中で釣れるプラグはというとほんの一握りでしょう。バスという魚の性質上釣れないプラグはありません。ですがあきらかに良く釣れるプラグというのは存在します。
ではどのようなアクションをするプラグが釣れるのでしょうか。

最近のプラグにはバイブレーションなど一部を除いて決まって重心移動、タングステンウェイトといった使いやすさを重視した装備が施され、また精度の高いボディにより、製品のバラツキがなく非常に完成度が高いです。釣れるルアーといわれるメガバスやエバーグリーンなどがこの手のルアーの筆頭ですね。
それとは逆に昔からある洋物ルアーは最近の日本製と異なり作りが雑で製品によるバラツキも見受けられ、「使えれば良い」というような思想で作られています。ですがだからといって釣れないということではありません。昔から生き残っているのはまさしく釣れるからに他なりません。シャドラップ、モデルA、ウィグルワートなどなど釣れる洋物ルアーは数多くあります。

釣れるアクションはきっちり規則正しく泳ぐことが条件だったり、イレギュラーな動きをすることが重要だったり、タイプやシチュエーションによって変わってきますが、共通して言えることは規則正しい泳ぎの中の不規則な乱れではないでしょうか。そしてこの状態を誰が使っても自動的に演じるルアーが釣れるルアーだと思います。普通に考えるとただ巻きでは規則正しく泳ぎ、障害物に当った時にイレギュラーにヒラを打つルアーといえるでしょう。このヒラウチを障害物のないところで意図的に起こすことができるジャークベイトというルアーがありますが、これはロッド操作で起こすこともあり、本当の意味でのヒラウチにはなりません。厳密に言うヒラウチを障害物やボトムにノックさせずに何もないところで起こすことは普通は不可能ですが、一つだけできるものがあります。

それは...バランスの悪いルアーです。
言い換えると水を受け流すのが下手なルアーです。これは先に挙げたような昔から生き残っているルアーがもしかしたらこの手のルアーかも知れませんし、元々そういう製品はないかもしれません。
どういうことかというと製品のバラツキからくる半不良品がバランスが悪く釣れるルアーではないかということです。

私がこれに気づくきっかけになったのは2つの殿堂入りルアーの共通点を考えていた時でした。
1つは10年以上前に買った無名メーカのクランクでダイビングキラーBというバグリーのルアーのパクリルアーです。このルアーはダイビングキラーBの最も小さいサイズより一回り小さく、本物がバルサ製のところをウッドで作られていました。パクリルアーのせいか非常にバランスが悪く、つんのめるようなアクションで使っていると自然とバランスを崩すルアーでした。これはいくらアイのトゥルーチューンをしても直らなかったのですが、不思議と釣れるルアーで何もない護岸された岸から沖に向かって投げているだけで(恥ずかしながらの昔話)、サイズは小さいですが良く釣れました。トゥルーチューンをしても直らないというのは基本的にはまっすぐ泳ぐのですが、右に出たり左に出たり不規則でアイをどちらに曲げても治らない状態のことをいいます。
もう1つの殿堂入りルアーはVIBRATION-X[BAF]です。使い始めたころは回りのボートで全く釣れていない状況でサイズは小さいのですが入れ食いになったりしたこともあり、気に入って使っていたのですがいつの間にかボディ側面が直射日光か何かで大きく凹んでしまい、これも同じく、いくらアイのトゥルーチューンをしても直らないルアーになってしまいました。しかしそれ以来、デカバスが釣れるようになり、自己最大の53cmを釣ったときに殿堂入りさせました。今では新しい別のものを使ってますが、大きいのが釣れていないのはもしかしたら側面の凹みがないのが原因かも?と密かに考えています。

このように半不良品というのは最近の日本製にはまずないですが、洋物ルアーには製品のバラツキで斜めに浮いたり、ラトルが引っかかるものや接合がずれていたりするものがあったりします。このようなものを押入れにしまい込んでしまうのではなく、よくよくその動きを観察して使い込んでみたりすると、思わぬ爆釣ルアーに化けるかもしれませんので、みなさんもそんなルアーを買ってしまったらしばらく使ってみては如何でしょうか?。ラトルが引っかかるものなんてちょっと考えただけでも素敵ですね。



| タックル::ルアー | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑