CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2021年11月 次月>>
LOGIN
USER ID:
PASSWORD:
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
POWERED BY

チタニウム形状記憶ワイヤ
最近発売される小型スピナーベイトにチタニウム形状記憶ワイヤが採用されています。代表的なものにジャッカルのイラプション、メガバスのバレットシャッドがあります。
このチタニウム形状記憶ワイヤとはどんなものなのでしょうか?。何故、小型スピナベに採用されるのでしょうか?。

みなさんV3ミッジやSR-MINI、SPIN@HEADなどの小型スピナベを使っていてバイブレーションが足りないと感じたことはありませんか?。シングルコロラドにすれば解消されますが、フォールに時間がかかったりフラッシング効果が足りなくなったりと自分のイメージと違ってしまい、もっとワイヤーを細くすれば良いのにと思ったことありませんか?。
従来の小型スピナベは構成パーツやシルエットこそ小さいのですがワイヤは普通サイズのスピナベと同じものが使われていました。当然、ワイヤを細くすればするほどヘッドのバイブレーションは激しくなりますが、細くすればただでさえ折れやすいスピナベのワイヤがさらに折れやすくなり、性能重視、強度度外視のD-ZONE(小型ではありませんが)以外は採用していませんでした。

そこでチタニウム形状記憶ワイヤです。チタニウムについてはみなさんご存知ですよね。普通チタンと言われますが、強くて硬くて錆びない素材で強いため従来の素材と同じ物を同じ強度で作る場合、小さく軽く作ることができます。一番おなじみはガイドですよね。
形状記憶についてはチタンでワイヤを作るとそうなるのか、それとも形状記憶素材を複合していたりするのか何なのか分かりませんが、実際触ってみると確かに形状記憶です。かなり極端に曲げても手を離せば元通りになります。
この2つの性質のためスピナベのワイヤを細くし、強バイブレーション高強度の小型スピナベを作ることができるのです。

細いワイヤを採用したことによりイラプションは切れの良い薄くて軽いブレードなのにもかかわらず、ヘッドのバイブレーションはかなり強いです。そして曲げても曲げても元に戻るワイヤ、コンパクトで重いタングステンヘッドと非常に使いやすい小型スピナベに仕上がっています。ジャッカルの回し者ではありませんが非常にお勧めです。

余談ですが私は飛びとバイブレーションの更なる強化目的でイラプション1/2ozをハイドロブレードのシングルウィロー化しようと思ったのですが、普通にフロントを外してリアをハイドロ化するとブレードが後ろになりすぎてバランスが悪そうだったので、ワイヤを短くすることにしました。
そこでニッパーでワイヤをカットし、ワイヤ取り付けアイを作ろうとラジオペンチでワイヤを丸めようとしたのですが、このチタニウム形状記憶ワイヤはなかなか思ったように曲がりません。結局丸くなる前に折れてしまってそれを繰り返しているうちにワイヤが短くなりすぎてしまい使い物にならなくなってしまいました。
ワイヤを熱しながらやればいいのかもしれませんが、みなさん、チタニウム形状記憶ワイヤにはこの手のチューニングは諦めた方が無難ですよ。



| タックル::ルアー | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑