CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>
LOGIN
USER ID:
PASSWORD:
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
POWERED BY

つり博に行ってタックルを触っているうちに感じたことなんですが「今の流れで本当にいいの?」と思いました。
今年はあまり興味のあるものがなかったのでそんなにたくさんのタックルを触ったわけではありませんが、ロッドはどのメーカのものでも金太郎飴のように(全部同じように)軽くて高感度です。一昔前の竿を使っている人が触ったらカルチャーショックでしょう。
ただ目をつぶって各社のロッドを振って違いがわかる人は少ないと思います。そんなに差はないのに一部のメーカに人気が集中したりするのはデザインとかありますから良いと思いますが、どのメーカも高弾性素材に走っているっというのは問題だと思います。
高弾性素材のメリット・デメリットについては以前もコラムで書きました。投げにくいというのはまあ我慢できますが、折れやすいってのは許せません。初期不良率も高いでしょうし、ヘタリも早いです。高い金払っても長く使えません。中古なんて...言うに及ばずですね。

リールについてもそうです。
軽くするために錆に弱いマグネシウムを使い、軽さを維持して安くするためには樹脂まで使います。ダイワのフラッグシップモデルTD−Zの金属部分はマグネシウムですがベイトに至っては樹脂が使われています(スピニングは知りません)。TD−Zの廉価版スピニングリールであるイグニスのスプールは樹脂だし...

いくら質感ではシマノにかなわないからといってやりすぎだと感じるのは私だけではないでしょう。そのシマノも例外ではなくマグネシウムのモデルが多くラインナップしてきました。釣り道具が錆に弱いってどういうことでしょう。バス釣りでは海水は無縁だと考える人も多いでしょうが、流れ出しが海とつながっているようなところは濃度の違いこそあれ汽水です。ボラが泳いでいるところはまず汽水でしょう。そんなところではルアーのフックも錆びやすいです。
それにバスの血やヌメリが直接マグネシウムについたら...ボディまで達するような傷をつけなければ良いのでしょうが、そんなに気を使っていられないでしょう。あくまで道具なんですから(されど道具なんですけど)。

正直なところ今は本当に「これだ!」という道具がないです。この軽量化の流れが早く収まらないかと思っているのですが、なかなか収まりませんね。別の方向へ開発のベクトルを向けて欲しいですよ。「釣れる道具」へ向けて。
釣れる道具ってなんでしょうか。私はトータルバランスだと思います。

ロッドについては投げやすくするためにはブランクの重量もある程度必要ですし、感度を良くするには軽量ガイドを使ったニューガイドコンセプト、メタルコネクタ、コルクグリップなどもあるでしょう。適度なバランスでロッドを組み上げることが大事なのではないでしょうか。まあ理想はともかく今はベクトルがズレていることは間違いないと思います。
こう書くと「ロードランナーのこと言ってるの?」と思われるかもしれませんが、ある意味そうかもしれません。ロードランナーについてはベクトルは理想に近い方向を向いていると思います。ただ不十分です。ロードランナーの方向性で各社がシノギを削ってくれたらもっといい道具ができるのではないかと思います。
ちなみにロードランナーは無駄があると思います(飾り巻きや分厚いコーディングなど)。

リールについては剛性の高い金属のマシンカットワンピースボディやギアの精度もあまり取りざたされませんが重要です。軽さと飛距離(スプール回転)だけではありません。

リールもロッドもある程度質感を残さなければだめだと思います。愛着を持って長く使いたいからこそ高いものを買うのであって、その辺がどうでもよければ安物でも必要十分の性能は満足していますから。
今の流れは「軽くするためには何だってあり」で、折れやすいロッドでも樹脂のリールでもなんでもいいとさえ感じられます。

ただトータルバランスを追求した道具は現状では売れないのかもしれません。軽いことや感度がいいことはショップで触るだけでわかりますし、使っていても魚が釣れなくてもその違いを感じつづけることができます。ですがトータルバランスの良し悪しを感じることは難しいと思います。やはりカリスマ性を持った有名プロや某カリスマデザイナーがベクトルを正さないと商売としては難しいのかなとは思いますが...我々ユーザがメディアに踊らされることなく良い道具を見極められるようにならなければなりませんね。

P.S.
誤解のないように補足しますがメリットデメリットがわかっていて軽い道具を選択することは決して間違いではありませんし、否定もしません。私が言いたいのはほぼ全てのメーカが右へ習えのこの現状とメーカにそれをさせている我々ユーザに問題があるのではないかということです。



| 情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑