CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年01月 次月>>
LOGIN
USER ID:
PASSWORD:
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
POWERED BY

ステラFW3000という選択
みなさんはどこのスピニングリールをお使いですか?。ほとんどの方がダイワかシマノではないでしょうか。私も現在ダイワを使っています。
ダイワとシマノの比較については以前コラム「ダイワVSシマノ 〜 スピニングリール編」でも書いた通りなのですが、最近シマノのスピニングが欲しくなってきました。
その理由なのですが私は一昨年くらいまでベイトもスピニングもダイワを使っていました。それは性能より機能を取った結果なのですが、コンクエストとの出会いにより機能重視から性能重視に戻りつつあります。それくらいコンクエストの使用感はすばらしいものがありました。
(ちなみに私のここの所10年のリール遍歴:ALLアブ→BアブSシマノ→ALLシマノ→BシマノSダイワ→ALLダイワ→BシマノSダイワ→・・・)

そこでスピニングも久しぶりにシマノを使ってみたくなり検討しました。
しかし私を含め多くのダイワユーザにとってあの大きなスプール径からくるライントラブルの少なさは他に変えがたい重要ポイントではないでしょうか?
しかもシマノの最近のスピニングリールはスーパーオシュレートなる密巻き機構により、今まで以上に糸ヨレ度がupしているらしいのです。

ということで最低でもダイワの2500番と同サイズのスプール径は死守しようと番手を大きくして対応すべく、その点に着目してシマノのスピニングリールをチェックしてみると驚くべき事実が発覚しました。
スプール径がダイワの2500番と同じかそれ以上のものはステラFW3000(ダイワの2500番と同サイズ)のみでした。他のモデルの3000番は2500番のスプールを深溝にすることにより糸巻き量を増やす、言ってみれば「なんちゃって3000番」でした。
したがって選択の余地なくステラFW3000になってしまいますが、ちょっとこれは懐が許しません。というかこのクラスに慣れるのが怖い...今までスピニングだけはあまり金をかけずに高くても2万クラスで抑えていました。一度、最上位機種を味わってしまうともう戻れない気がして抑えています。ですのでしばらくは静観する予定です。

シマノの廉価版スピニングにもステラFW3000と同サイズの3000番を是非希望します。ツインパワーMgはそろそろモデルチェンジ時期ですので3000番は是非、ステラFWと同じにして欲しいですね。
ダイワのせいかバス用には2500番サイズという固定観念が蔓延して3000番以上は売れないんでしょうね。売れないものにお金はかけれないということで、2500番ボディをそのまま流用した「なんちゃって3000番」になってしまうんでしょうけど...

余談ですが逆にいうとFW3000以外はこだわりがなければあえてステラを買う必要はないということになります。2500番であればステラFWに比べて1万程度安いステラAR2500が私的にはベストバイ(というか上限)かもしれません。浅溝スプールの2500番では8ポンドラインまでを視野に入れると糸巻き量が足りないですからねぇ。



| タックル::リール | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑